駐車場

札幌

大浴場を新設! 朝食ブッフェとアメニティが充実の アパホテル 札幌大通駅前南(旧アパホテル札幌)【宿泊記】

アパホテル札幌として2002年10月に札幌で3件目に開業しました。アパホテルの名称に付いている番号は100番から始まる開業順です。現在は700件以上のホテルがあるので、No.126アパホテル 札幌大通駅前南がいかに歴史あるホテルかが判ります。アンチアパホテルだったのですが、大浴場を新設し、朝食バイキングで海鮮も食べられるというので宿泊してみることにしました。
2024.02.17
ヒルトン・オナーズ

長崎駅ほぼ直結 温浴施設でととのう ヒルトン長崎 【宿泊記】

ヒルトンの日本での開業ラッシュは目を見張るものがありますね! 低迷期から未来を見据えていた結果、インバウンド需要をしっかりと捉えているようです。 ヒルトン広島を訪れたので、同じ被爆地の長崎にも行ってみたくなりました。 長崎も広島と同じく欧米の観光客がとても多いような気がします。 武雄温泉・長崎間が西九州新幹線の開通で結ばれ、長崎駅前の再開発が進んでいます。 新幹線Read More
2024.02.21
空港ホテル

厳冬期は一択!無料サービス満載!千歳ステーションホテル【宿泊記】

千歳市内のホテルで、圧倒的にアクセスが良いのがこのホテルです。JR千歳駅直結なので、冬の悪天候の日でも楽々スーツケース転がして行くことができます。
2023.12.16
ルートインホテルズ

駅近で無料朝食やラジウム温泉が嬉しい ホテルルートイン札幌中央【宿泊記】

アジア最北の歓楽街のど真ん中ではありますが、新宿歌の舞伎町や名古屋の錦とは雰囲気が異なり、ビジネスホテルも多数あります。新聞・朝食が無料、大浴場・スボンプレッサー完備で出張族も大満足。朝食ビュッフェは日替わりで連泊でも飽きません。
2024.02.21
ヒルトン・オナーズ

ほぼ旭橋駅直結 上級会員専用ラウンジとフィットネスジムも新設 ダブルツリー by ヒルトン那覇【宿泊記】

このホテルの特徴的は何と言ってもアクセスの良さです。 那覇空港からモノレールで10分程度で、駅は目の前です。 モノレールの駅と旭橋バスターミナルのビルは、陸橋で繋がっています。 バス利用でもアメリカンビレッジや名護、北部の沖縄美ら海水族館などへ行くことができるので、その点でも便利な立地です。 ダブルツリー by ヒルトン那覇は過去に何度も宿泊したホテルです。 ヒルRead More
2024.02.21
ルートインホテルズ

この朝食が無料⁉大浴場完備 ホテル ルートイン千歳駅前【宿泊記】

JR千歳駅周辺にはホテルが多数あります。その中のでも客室数が330室と多いため比較的、予約しやすいです。好立地でありながら102台収容できる駐車場は無料、朝は新千歳空港へ無料シャトルバスも運行中です。最上階の14階は女性専用フロアで女性用大浴場とリラクゼーションルームがあります。
2024.01.12
東海

ノスタルジックな空港ホテル フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港【宿泊記】

中部国際空港 愛称セントレアは、中部の「central」と空港の「airport」を組み合わせた造語だそうです。 筆者の最寄の空港ではないのですが、よく利用する空港です。 人のように見えるのは忍者の人形です。 侍や忍者の聖地として売出中! ご存じの方も多いと思いますが、ここのカードラウンジは、アルコールが飲み放題で、おつまみも無料で提供されています。 制限区域外なRead More
2024.02.20
国内ホテルチェーン

夜型人間に最高のコンセプト OMO3札幌すすきの by 星野リゾート【宿泊記】

2022年1月札幌に話題のホテルが誕生しました。”いつの間にか!”というのが正直な感想です。新築開業として紹介している方が多いようですが、リブランドによって今までになかった旅を演出しています。北海道最大の繁華街すすきの中心部から少し外れた立地は賑やか過ぎず、寂しすぎず、都市観光に最適です。
2023.11.25
ドーミーインホテルズ

人気の秘密を知りたくて「ドーミーインPREMIUM札幌」へ行ってみた【宿泊記】

観光客に大人気のこのホテルは本館(PREMIUM)と別館(ANNEX)があります。 新しいホテルが次々と開業する昨今でも「不動の人気」の秘密を知りたくて、久々に滞在しました。 まずは、PREMIUM(旧本館)の滞在記です。 たぬき小路を挟んだ向かい側のANNEX(別館)の宿泊記は◎こちらをクリック 筆者は「すすきの駅」からのアプローチではなく、地下鉄南北線「大通駅」11番出Read More
2024.02.21
国内ホテルチェーン

エレガントなビジネスホテル レンブラントスタイル札幌 【宿泊記】

ススキノのメインストリートから「東本願前」の電停方面に向かうと振興ブランドのホテルが林立するエリアとなります。 その中のひとつが「レンブラントスタイル札幌」です。 テーマは「まちのとまり木」 エントランスのドアの外から続く木目調の床が落ち着いた雰囲気です。 緑のあるゆったりとしたラウンジスペース、間接照明の廊下がビジネスホテルのイメージを覆します。 最初、レンブラントRead More
2024.02.21
タイトルとURLをコピーしました